カテゴリ:自律神経疾患

みなさんこんにちは!
国府坂口鍼灸整骨院です!

今日は自律神経失調症についてお伝えします!
自律神経失調症とは、特に原因がないのに様々な症状が現れます。
慢性的な疲労、だるさ、めまい、片頭痛、動悸、ほてり、不眠、便秘、
下痢、微熱、耳鳴り、手足のしびれ、不快感、頻尿などが現れます。
精神的な症状としてはイライラ、不安感、疎外感、落ち込み、やる気が出ない、
憂鬱になる、感情の起伏が激しい、焦りを感じるなどがあります。

では、今から当てはまるものを数えてみましょう!

□めまいや耳鳴りがする
□立ちくらみをよく起こす
□胸が締め付けられるような感じがする
□胸がざわざわする感じが時々ある
□心臓がいきなり早くなったり、脈拍がとぶようなことがある
□息苦しくなる時がある
□夏でも手や足が冷えるときがある
□胃の調子が悪い時が多い
□よく下痢や便秘を繰り返す
□肩こり、腰痛がなかなか良くならない
□手足がだるい
□顔だけ汗をかく、手足だけ汗をかく
□朝起きるときに疲労を感じる
□気候の変化に弱い
□やけにまぶしく感じるときがある
□寝ても寝ても寝足りない
□怖い夢をよく見る、金縛りにあう
□風邪でもないのに咳が出る

0-1個 自律神経に狂いはないそうです。
2-3個 自律神経に負担がかかっているかもしれません。
4-6個 自律神経失調症になりかけているかもしれません。
7個以上 すぐに休養を取り、できるだけ早く専門家に相談しましょう。

自律神経とは全身の器官をコントロールするため、バランスが崩れると全身の機能に支障を
きたして、さまざまな症状がでます。最近は内科や整形外科などで検査をしても悪い所が発見できず
神経科、心療内科などの専門を紹介してくれるケースが増えています。

症状が一人一人違うように、その原因もまた一人一人違います。
原因が複雑に絡みあって自律神経のバランスが乱れたとき症状が出るのです。

★生活リズムの乱れ
夜更かし、夜型人間、夜間勤務や、子供のころからの不規則な生活習慣など、人体のリズムを無視した
社会環境やライフスタイルが自律神経失調症を引き起こします。

★過度なストレス
仕事など社会的ストレス、人間関係、精神的ストレス、環境の変化など過度のストレスが蓄積すると
自律神経失調症nなりやすいです。

★ストレスに弱い体質
子供のころからすぐ吐く、下痢しやすい、自家中毒、環境が変わると眠れないなど。

★ストレスに弱い性格
ノーと言えない。感情処理が下手、気持ちの切り替えができない、人の評価を気にしすぎる、
人と信頼関係を結ぶのが苦手、依存心が強い、ストレスへの抵抗力が弱い傾向がある人も自律神経失調症に
陥りやすいタイプです。

★環境の変化
現代の生活は適応能力が衰えやすく、社会環境の変化、人間関係や仕事の環境の変化などへの
不適応や過剰適応からなる場合もあります。

このように原因はいろいろありますが、もしこのような症状で悩んでしまっていたらすぐに対応
しなければなりません。
治療法としては、心理カウンセラーによるカウンセリングから薬の投与もありますが
当院では鍼灸治療で治療をすることもできます。自律神経を整えるツボをつかっての治療をしていきます。
悩みなどがある場合はお話も聞かせていただきます。

「診療時間」
平日 9:15〜12:00,15:30〜20:00
(一般の方は19:30 最終受付)
土曜 8:15〜17:30(昼休憩なし)
日曜・祝日 8:15〜12:00

坂口鍼灸整骨院ホームページ

●北島坂口鍼灸整骨院
●阿南坂口鍼灸整骨院
●鴨島坂口鍼灸整骨院
●鳴門坂口鍼灸整骨院
●坂口鍼灸整骨院 徳島院
●国府坂口鍼灸整骨院
●法花坂口鍼灸整骨院
●小松島坂口鍼灸整骨院
●垂水坂口鍼灸整骨院

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充男が監修しています。


カテゴリ:自律神経疾患

こんにちわ!!!
徳島市北島町にあるむち打ち交通事故治療専門北島坂口鍼灸整骨院です(*’▽’)

最近天気が悪いですね、、
頭痛、めまい、吐き気などお体の調子はいかがですか?
季節の変わり目や台風などの急激な気圧の低下は自律神経に不調をおこしたりするんです。

なので今回は自律神経失調症についてお話したいと思います!!

自律神経失調症とは自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスが崩れさまざまな症状を起こすことを指します。
自律神経は全身の器官と密接にかかわっているため起こる症状も様々です。またその人の体質によって頭痛が強くあらわれたり
腹痛が強くあらわれたりします。
そして精神症状にも影響をおよぼすため心身ともに症状が現れるとてもつらい症状です。

〈自律神経の症状〉
動悸・息苦しさ・頭痛・めまい・倦怠感・下痢・声が出にくい・痛み・ふるえ・月経不順・立ちくらみ・不安・イライラ
などがあります。

この症状がストレスや生活習慣との関係性があったり、薬がきかないといったことがあれば
自律神経が失調している可能性は高いです。

例えば上司に怒られた後や悩み事を抱えているときは症状が強くあらわれ、友達と遊んでいるときは比較的症状は軽い
といったストレスの状況と関わっている場合や、頭痛や腹痛があり市販の痛み止めを飲んだが効かないなど
また症状が一つではないというところも自律神経失調症の特徴です。

さて、ではこのような症状が出てしまったとき、どうすればよいのでしょうか?
ストレスをなくそう!といってもなかなか環境が変わらなければ難しいものです、、、
なのでまずは治療をしていくのがおすすめです!

自律神経を整えるのには鍼灸治療がお勧めです!!!

鍼灸は東洋医学の考えのもと治療を行います。
東洋医学の考え方に「陰陽論」があります。
これは物事はすべて陰か陽で分けることができるという考え方で
例えば上が陽で下が陰、背中が陽でお腹は陰、自律神経でいうと興奮状態の時に働く交感神経が陽、
リラックス状態の時に働く副交感神経が陰と分けることができ、この陰陽のバランスが崩れた時に自律神経失調症
がおこってしまうのです。

またもう一つ考え方として「未病治」という考え方があります。

未病とは病気とまではいかないが健康ともいえない症状がまだ出る前の段階のことはいいます。
未病の段階で舌や脈を見て体全体の状態を見る「舌診」「脈診」をもちいてどこに不調があるかをとらえ
症状が出るまえに治すというのが一番良い治療法だと言われています。
事前に生体防御能や自然治癒力を高めること、これは全ての病気の予防法の原則といえます。

なので東洋医学的観点から陰陽のバランスを整え本来の自分が持っている自然治癒力を高め根本から治療していきましょう!

鍼灸治療をしながらやってほしいことがあります。それは生活習慣の改善です。
せっかく治療をしたのに生活習慣が崩れていては陰陽のバランスがまた崩れてしまいます。
そうならないために
1.生活リズムを整える
2.運動を行う
3.暴飲暴食を避ける
4.煙草ひかえる
5.ストレス発散方法を知っておく

こういったことをおこなうことによって自律神経の乱れを減らし鍼灸でバランスを整えて
様々な症状を根本から改善していきましょう!!!!

坂口鍼灸整骨院ホームページ

●北島坂口鍼灸整骨院
●阿南坂口鍼灸整骨院
●鴨島坂口鍼灸整骨院
●鳴門坂口鍼灸整骨院
●坂口鍼灸整骨院 徳島院
●国府坂口鍼灸整骨院
●法花坂口鍼灸整骨院
●小松島坂口鍼灸整骨院
●垂水坂口鍼灸整骨院

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充男が監修しています。


カテゴリ:自律神経疾患

こんにちわ!!
徳島市国府町にあるむち打ち交通事故治療専門国府坂口鍼灸整骨院です!!
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

台風がすぎてから蒸し暑い日が続いていますが水分補給はしっかり行えていますか?
目安は1日2リットル以上です!一気に飲むのではなく、喉が渇いたと思う前にこまめに水分補給を
行ってくださいね!

さて皆さん鍼灸についてどんなイメージがありますか?
「痛そう」「どんな症状に効果があるのか分からない」といった方もいらっしゃるかと
思いますので今回は鍼灸についてお話ししたいと思います。

鍼灸とは身体の特定した点を鍼や灸を用いて東洋医学的観点から刺激を加える治療法のことを言います。
日本でよく使用される鍼の先端は髪の毛程度の細さなので刺した時の痛みはほとんどありません。

鍼灸治療は血流促進、白血球増進、疼痛などの鎮静作用などにより自然治癒力を高めて回復を早めることを目的としています。

鍼灸といえば頭痛、肩こり、腰痛には効くというイメージを持たれる方は多くおられるのですが他にも鍼灸の適応症はあります。
世界保健機構(WHO)が鍼灸治療の適応症として挙げている疾患は次の41疾患あります。
頭痛、片頭痛、三叉神経痛、顔面神経麻痺、メニエール病、白内障、急性結膜炎、近視、中心性網膜炎、急性上顎洞炎、急性鼻炎
感冒、急性扁桃炎、歯痛、抜歯後疼痛、歯肉炎、急性咽頭炎、急性気管支炎、気管支喘息、食道・噴門痙攣、しゃっくり、急性・慢性胃炎
胃酸過多、胃下垂、麻痺性イレウス、急性・慢性十二指腸潰瘍、急性・慢性腸炎、便秘、下痢、急性細菌性下痢、打撲による麻痺
末梢神経系疾患、多発性筋炎、神経性膀胱障害、肋間神経痛、頚腕症候群、坐骨神経痛、腰痛、関節炎、夜尿症

このほかにも適応となるものや治療効果が挙げられているものは多数ありますのでこの症状は鍼灸で治るのか気になる方は是非当院までご相談ください!

〈鍼灸についてQ&A〉
1.お灸は熱いですか?
A.耐えられないほどの熱さではありません。心地よいと感じられる患者様がほとんどです。

2.鍼灸は薬のような副作用はありますか?
A.基本的には副作用というものはありません。ですが、初めて鍼灸を受けられる時にだるさが出る場合があります。
このだるさは数時間でなくなるものなのでご安心ください。

3.鍼で感染することはありますか?
A.当院の鍼治療はすべてディスポーザブル鍼(使い捨て鍼)を使用しています。一度使用するとその鍼を使用することがない
ので感染の心配はありません。

4.治療の効果はどれくらい持続しますか?
A.人によって個人差がありますので、スタッフにお尋ねください。人により通院のペースは変わってきます!

5.痛いイメージがありますが、どれくらいの痛みなのでしょうか?
A.痛みはほぼ感じません。まれに毛細血管などにあたったり、毛穴にピンポイントであたると
チクっと痛むこともありますが、ごくまれなケースです。
注射のようにズキっとしたようなイメージはなく、硬い筋肉にあたるとズーンと重だるい感じがします。
それに関しては全く問題がありませんので、ご安心ください。

6.一発でなおりますか??
A.痛みは一発でとれる人もいれば、2.3回治療をして取れる人もいます。
必ずしも筋肉の状態が一発で治るとは言い切れませんので、まずは状態を確認させてください!

<坂口鍼灸整骨院ホームページ> http://expand-k.com/

●北島坂口鍼灸整骨院

●阿南坂口鍼灸整骨院

●鴨島坂口鍼灸整骨院

●鳴門坂口鍼灸整骨院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院

●国府坂口鍼灸整骨院

●法花坂口鍼灸整骨院

●小松島坂口鍼灸整骨院

●垂水坂口鍼灸整骨院
<坂口鍼灸整骨院ホームページ> http://expand-k.com/

「※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充男が監修しています」