カテゴリ:肩こり

みなさんこんにちは!
国府町にある、国府坂口鍼灸整骨院の山下です!

最近気温が下がり、寒くなってきましたね…
身体が冷えてこわばり、肩こり、腰痛で悩んではいませんか??

国民病とも呼ばれる肩こり…
少しでも知識を得て対処していただくために、
今日は肩こりについてお伝えしようと思います。(^^)

肩こりになる主な原因は、
・忙しい仕事や家事によるストレス
・激しい肉体労働やスポーツなどによる筋肉の疲労
・偏食やダイエットによる栄養バランスの偏り
・長時間のパソコン作業による目の疲れ・肩こり
・夜更かし、睡眠不足で不規則な生活習慣
・肝炎や糖尿病などの身体の疾患
・うつ病などの心の疾患
などによるものがあります。
一概にこれだけとは言えませんが、たくさんの原因が存在します。

とくに気を付けていただきたいのが、普段とってる日常生活での姿勢です!
猫背でデスクワークをしたり、車の運転で変な姿勢で運転したりすると
筋肉がずっと伸ばされたり縮こまったりすることで、身体のバランスが
とれなくなってしまいます。
伸ばされたままの筋肉は、長時間たつと硬くなったしまい
血流が悪くなり、肩こりにつながるのです。
ですので、肩こりには姿勢の悪さが大きく関係してきます。
思い返してみて、自分の姿勢はどうでしょうか??
一度鏡で確認してみてください(^^)

姿勢を長時間キープするのがしんどい方は、姿勢を長時間保つことのできる
体幹のインナーマッスルが弱いせいなので、体幹もしっかりきたえましょう!

たまった疲れをとるには十分な栄養補給と入浴、しっかり睡眠をとることが大切です。
ただそうはいってもゆっくり休息できる時間がとれない人も多いと思います。
そんな方は、日常のちょっとした時間で体に休養をとり、十分な栄養補給と
少しの疲れに負けない体力づくりが大切です!
休養をとるにはよく眠ることです。ぬるめのお湯でゆっくり入浴をし、
寝る前に軽く運動をしても良いでしょう!

食事には、たんぱく質、ビタミン、ミネラルの摂取を考えたバランスの良い栄養をとることが
欠かせません。特にビタミンB1をはじめとするB群やCEには抗疲労作用があるため、疲れを感じるときは
積極的にとりましょう。
ビタミンA・・・レバー、アンコウ肝、うなぎ、緑黄色野菜など
ビタミンB1・・・豚肉、うなぎ、大豆、豆腐、玄米、ごまなど
ビタミンB2・・・レバー、納豆、ホウレンソウ、牛乳、卵など
ビタミンB6・・・さば、さけ、バナナ、ピーナッツなど
ビタミンB12・・・レバー、牡蠣、にしん、卵、チーズなど
ビタミンC・・・いちご、レモン、ピーマン、じゃがいもなど
ビタミンD・・・まぐろ、さんま、いわし、卵など
ビタミンE・・・大豆、ピーナッツ、ホウレンソウ、植物油など
ミネラル・・・乳製品、魚介類、海藻類、豆腐など
イライラや緊張はカルシウムやマグネシウムの必要量をアップさせます。
食事はとくに重要になるので、きちんとバランスのとれた食事をしましょう。

入浴には、心身をリラックスさせる効果があります。
深い眠りを得るには少しぬるめの約38~40℃のお湯にゆっくりつかる
のがベストです。
血行を促し、疲れた筋肉がほぐれていきます。入浴できなくても洗面器や
バケツに40℃くらいのお湯をはって足を15分ほど浸して温めるなどでも効果的です。

もし肩こりで困っている方、長年の肩こりがある方は
国府坂口鍼灸整骨院までご連絡ください!

坂口鍼灸整骨院ホームページ

●北島坂口鍼灸整骨院
●阿南坂口鍼灸整骨院
●鴨島坂口鍼灸整骨院
●鳴門坂口鍼灸整骨院
●坂口鍼灸整骨院 徳島院
●国府坂口鍼灸整骨院
●法花坂口鍼灸整骨院
●小松島坂口鍼灸整骨院
●垂水坂口鍼灸整骨院


カテゴリ:肩こり

みなさんこんにちは!
国府坂口鍼灸整骨院の山下です!
最近は雨が続きますね・・・(^^)
晴れて欲しいですが、たまには雨もいいでしょう!

雨の日は体の調子も悪くなる人もおられるでしょう。
特に肩こり、腰痛は低気圧の影響でなりやすいです。
お仕事中の肩こり腰痛は、集中力を下げ、作業スピードを下げてしまいます。
今日は職業病ともいわれる「肩こり」「腰痛」についてお話をします!(^^)

まず、「肩こり」「腰痛」は何が原因で起こるのでしょうか??
考えてみてください・・・

原因はたくさんありますが、主にストレス、日々の姿勢、内科的な疾患、で起こりうることが
多くあります。

ストレスで起こるのは、自律神経系の乱れから起こります。
自律神経とは、交感神経(活動するときに使われる神経)、副交感神経(リラックスするときに
使われる神経)から構成されますが、この交感神経・副交感神経のバランスが乱れることによって
血圧の急上昇、急低下で血流が悪くなる。寝不足になり血行不良になる。
という流れで、筋肉に流れている血液の循環が悪くなるせいで肩こり、腰痛になると言われています。
なので日々のストレスが強い仕事をされていたり、あまりストレス発散が出来ていない方は、
自分の好きなこと、好きな時間を大切にし、ストレスを全力で発散してください‼(^^)/
趣味がないという方も、趣味は今からでも作れば良いのです!!
時間がないという方も本当に作れませんか??一分一秒見直してみてください。
必ず息抜きの時間が必要になりますから。

次の原因として、日々の姿勢から起こるといわれているのですが・・・
筋肉は骨についており、日々の姿勢が長期的に悪くなることで、骨が歪んでしまいます。
骨が歪むと、筋肉がひっぱられ本来緩んでいる筋肉が硬くなっていってしまうのです。
筋肉には痛みをつかさどる神経が流れており、筋肉が固くなると神経を圧迫して
痛み、だるさにつながります。
ではなぜ、良い姿勢をキープできないのでしょうか!
それは、体幹の筋肉「インナーマッスル」の弱さに原因があります。
インナーマッスルとは、姿勢を支える筋肉であり、この筋肉が弱いと長時間
良い姿勢をキープできなくなり、猫背になってしまいます。骨盤も安定性がなくなり
身体が左右に傾いてしまうと、筋肉が常にひっぱられた状態になってしまい
「凝り」につなかがるのです。ここで難しいのが、「インナーマッスル」は非常に
鍛えにくい筋肉でありプロのスポーツ選手が何時間も毎日かけて作り出すようなものなので
一般の人が鍛えようと思うとかなり難しいです。
当院では、インナーマッスルを効率よく鍛える機械もあります。
興味があれば、姿勢の確認とインナーマッスルの強化と治療をさせていただきます(^^)
「肩こり」「腰痛」は、ほっておいても治りません。
治らないだろうと諦めていませんか?
まずは身体の状態を見せてください。

最後に内科的な疾患に関してはほとんどないでしょうが、呼吸器系の内臓疾患で肩こり
になり、腎臓などの疾患で背中、腰の痛みがでることがあります。
もし続くようでしたら病院へ受診するほうがいいでしょう。

もしも、肩こり、腰痛でお困りでしたら当院までご相談ください!(^^)力になります。

坂口鍼灸整骨院ホームページ

●北島坂口鍼灸整骨院
●阿南坂口鍼灸整骨院
●鴨島坂口鍼灸整骨院
●鳴門坂口鍼灸整骨院
●坂口鍼灸整骨院 徳島院
●国府坂口鍼灸整骨院
●法花坂口鍼灸整骨院
●小松島坂口鍼灸整骨院
●垂水坂口鍼灸整骨院

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充男が監修しています。


カテゴリ:肩こり

皆さんこんにちは( ・∇・)
徳島県大谷町にあるむち打ち交通事故治療専門法花坂口鍼灸整骨院の中田です。
最近の朝はひんやりして少し肌寒さが出て来て秋らしさが出てますが日中になるとやっぱりまだ暑いですね!!
残暑もあるので水分補給はしっかり摂ってくださいね!水分不足から筋肉の柔軟性が失われることがありますので目安として2リットルは飲むように心掛けましょう。
では、本日は皆さんも悩んでいるはずの肩こりについて紹介していきますね!
皆さんの肩こりはいつから肩を凝るようになったかって覚えてますか?早い人だと小学生の時からや試験勉強に追われていた中学、高校、大学もしくは社会人で働き出してからかもしれませんね!
小学生も肩が凝る理由としては運動嫌いでスポーツをしていなかったり元々身体が硬いとか家に帰ってきたら宿題ほったらかしてスマホをいじってることが多いだとか(笑)
そもそも小学生の年齢的に筋肉は柔軟性があり細胞も若いのであまり見かけないのですがそれでもなってしまうのは運動不足や姿勢の悪さからだと考えられます。
特に小・中学生に多い膝に痛みが出る様なオスグッドシュラッターなどもこういったところからです。
では大学、社会人の方でいうと高校の時部活をしている人は日頃からスポーツをしストレッチなどもしているので
ある程度の柔軟性や体幹もあるのでいいのですが社会人になると学生時代より運動をする機会が徐々に減って行きますし長時間の同じ姿勢や
足を組むなどの悪い習慣が身について不慣れな生活にストレスが溜まっているかもしれないです!
では、そうならないように日頃から出来ること、当院で出来ることを紹介していきます。
当院で出来ることまずはお身体の状態について聞かせてください。そこから筋肉の状態や各関節の動きを診させてもらい姿勢の状態や身体の歪みを確認させて頂きます。
また、どれだけ姿勢が良くてもその姿勢を支えるインナーマッスルが弱いと先の1年後、5年後、20年後には今のいい状態も肩こりやひどい腰痛にもなりかねないので
今のうちから治療やトレーニングで強化していく必要もありますので患者様それぞれに合わせた治療を提案させて頂きより良い状態へと施していきます。

日頃から出来ること
①足を組まないように両足は床につけておきましょう
②首や腰をバキバキ鳴らすと筋肉などを傷つけるのでストレッチをしましょう
③湯船に浸かって身体の芯まで温めましょう
④水分を十分に摂りましょう(目安は1日2ℓ)
⑤適度な運動を1日30分はしましょう

これらはすごく簡単なことなので皆さん日頃から意識して気をつけるようにしましょう。
どれだけ忙しくても携帯触ってますよね?そういう時間こそ身体に費やしてあげるといいですね!
この機会に是非当院に足を運んで頂き身体のメンテナンスをしてみてはいかがでしょうか?
当院予約制となっていますので皆様からのお電話お待ちしています。
それでは今回はここまで‼︎次回の投稿をお楽しみに〜٩( ‘ω’ )و

むち打ち交通事故治療専門
法花院坂口鍼灸整骨院 中田稔大
国家資格 柔道整復師

坂口鍼灸整骨院ホームページ

●北島坂口鍼灸整骨院
●阿南坂口鍼灸整骨院
●鴨島坂口鍼灸整骨院
●鳴門坂口鍼灸整骨院
●坂口鍼灸整骨院 徳島院
●国府坂口鍼灸整骨院
●法花坂口鍼灸整骨院
●小松島坂口鍼灸整骨院
●垂水坂口鍼灸整骨院

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充男が監修しています。


カテゴリ:肩こり

こんにちは。
板野郡北島町の北島坂口鍼灸整骨院です。
最近は、天候が崩れやすく本日9月4日も猛烈な台風が徳島県に直撃しております。
外に出る際は厳重注意をしてください。
また、坂口鍼灸整骨院は台風の中でも営業中です。土日祝日も営業しておりますので
お気軽にお電話ください。

さて、今回は肩こりや腰痛などの慢性疾患についてご説明させていただきます。

皆様は、慢性疾患のことをご存知でしょうか?
慢性疾患とは、日々の積み重ねによって起こる疾患のことを指します。
皆様がなじみが深いところでは、先ほど説明したような【肩こり・腰痛】などが慢性疾患にあたります。

慢性的な疾患がおこる原因としては、日常的な不良姿勢や不適切な生活リズムが挙げられます。

不良姿勢でいうと、猫背姿勢や反り腰などが一般的に知られている不良姿勢です。

始めに猫背姿勢についいて説明していきます。
猫背は、背中が丸まったような姿勢で背中・腰などに大きな負担がかかってしまいます。
また頭が前に出てしまっているので首に大きな負担がかかってきます。
それによって慢性的な肩こりや腰痛などを引き起こしてしまいます。

続いて反り腰です
反り腰は名前の通り腰を反っているような姿勢です。
この姿勢は腰を反ることで体の重心が後ろのほうに行ってしまううのが特徴なのですが
重心が後ろのままでしたらバランスが取れずに後ろに倒れてしまいます。
そのバランスをとろうと頭が前に出てきてしまう姿勢です。
この姿勢も猫背姿勢と同様に首・肩に大きな負担がかかってきます。

また、反り腰は腰を常に反っているような状態です。
では、皆様!!!!!
一度反り腰姿勢を体験してみましょう!!!

その場で立っていただいて腰を反っていきましょう。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥どうでしょうか?
腰にすごく負担がかかっているのが感じ取れませんか?
反り腰の方は常にそのような状態の負担が腰部にかかってしまっている状態です。
ですのでしっかりと姿勢を改善していただく必要があります。

当院では肩こりや腰痛などの根本的な原因となる姿勢の崩れや骨盤のゆがみなど
根本的な部分をしっかりと治療させていただきます。

気になることやご質問・ご予約などありましたらお気軽に北島坂口鍼灸整骨院までご連絡ください。

坂口鍼灸整骨院ホームページ

●北島坂口鍼灸整骨院
●阿南坂口鍼灸整骨院
●鴨島坂口鍼灸整骨院
●鳴門坂口鍼灸整骨院
●坂口鍼灸整骨院 徳島院
●国府坂口鍼灸整骨院
●法花坂口鍼灸整骨院
●小松島坂口鍼灸整骨院
●垂水坂口鍼灸整骨院

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充男が監修しています。


カテゴリ:肩こり

こんにちは!

国府坂口鍼灸整骨院です!

 

最近は1月に入り徳島にも初雪が降りましたね!!

雪も積もりびっくりするくらい寒かったです。

これだけ寒いと日頃はあまり気にならない身体の痛みを感じる方もいると思います。

 

特に首、肩、腰が冷えると痛くなる方多いのではないでしょうか?

 

また年末年始は大掃除で身体を使うことが多かったり、忘年会や新年会で飲み過ぎたり食べ過ぎたりで体調を崩しやすい時期とも言えるので冬は女性だけでなく男性も体調に要注意です!

 

 

実は女性の腰や背中のコリを感じている方の80%が冷えの症状があるとのデータがあります。

痛みやコリは実は‶冷え″とも大きく関係があるのです!!

 

 

たとえば痛みが強い時にお風呂に入って温まると痛みが和らぐという方はいますか?

そういった方は冷えが原因になっている可能性が大です◎

 

気温が低くなってくると、みなさん肩がグッと上がったり、背中を丸めたりしますよね。そうやって身体の筋肉や血管は体の体温を保とうとしてギュッと収縮します。

そうすると肩や腰の筋肉が固くなって血流が悪くなってきます。血流が悪くなると身体の老廃物がたまって排出されにくくなり、痛みがでやすくなってくるのです。

 

こういった場合の対策としてはやはり`冷やさないこと´が重要になってきます。

 

いろいろな対策方法があるので、ご自身でできそうなもの、続けられそうなものを見つけていただければと思います!!

 

 

 

1 服装

首・肩・腰を冷えないよう守ってあげることが必要です。

腹巻なんかもおススメですね!

特に足元から冷えてくるので、足元を冷やさないようできるだけスカートではなくパンツを履いてもらったり、厚手のタイツや靴下を履いてもらうのがベストです!

当院では冷え性対策ができる医療用のソックスも取り扱っており、試着もできますので興味のある方は是非一度お越しください!

 

 

 

 

2 食事

健康な体はいい食事から!

ということで身体をあたためる食材をご紹介します。

 

 

・カボチャ

・ニンジン

・カブ

・ショウガ

・イワシ

・カツオ

・玄米

・納豆

 

おおまかに上げましたが、土の中で育つもの、発酵食品、旬の食材、寒い地域で育つもの

がいいそうです。

 

 

意外と身体を温めるのでは? などと勘違いしやすいものもあります。

 

 

【コーヒー・緑茶】暑い国で育つコーヒー(ブラジルなど)や製造工程で発酵していない緑茶や抹茶は、体を冷やす飲み物です。寒い時に飲むとさらに体を冷やしてしまうことが多いです。

 

 

【砂糖】実は地域や精製方法で体への作用が違ってきます。北海道で育つ甜菜糖は体を温めますが、沖縄など暑い地域で生育するサトウキビや精製された白砂糖は特に体を冷やします!サトウキビからできている黒砂糖は、未精製でビタミンやミネラルが残っているため、体を冷やす作用は緩やかになります。

 

 

 

オフィスでコーヒーをよく飲まれる方などは一日に何杯も飲むこともあるかもしれません。意外と身体を冷やす原因になっているかもしれません。

ちなみに身体を温めたいときは

紅茶、プーアル茶、ウーロン茶

タンポポ茶、ゴボウ茶

ココア、黒豆茶、

日本酒、紹興酒

ショウガ湯、ショウガ紅茶

がおすすめです。

 

 

 

 

3姿勢

デスクワークの方などは日頃から同じ姿勢が続くことが多いと思います。

同じ姿勢が続くことで筋肉が固くなるので、身体を適度に動かしてコリを作りにくくして聞く必要があります。

 

 

 

4入浴

入浴については当院でも患者さんに必ずお伝えしています。

忙しい方ほどシャワーで済ませてしまう方が多いと思います。

しかし湯船につかってもらうと凄く身体が温まります。

しかも凝り固まった筋肉を緩め血流もよくしてくれるので、できるだけお風呂に入った際は

ぜひつかってください!

 

もし痛みが強くて我慢できない場合はぜひご相談ください!

 

 

 

 

 

 

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

 

●北島坂口鍼灸整骨院

●阿南坂口鍼灸整骨院

●鴨島坂口鍼灸整骨院

●鳴門坂口鍼灸整骨院

●末広坂口鍼灸整骨院

●国府坂口鍼灸整骨院

●法花坂口鍼灸整骨院

●小松島坂口鍼灸整骨院

 
※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充男が監修しています