カテゴリ:自律神経疾患, 鍼灸

こんにちわ!!!徳島市末広にある末広坂口鍼灸整骨院です(*’▽’)

さて今回は自律神経失調症についてお話します!

 

自律神経失調症は、自律神経のバランスが崩れてしまってさまざまな症状が現れる状態をいいます。

最初に自律神経についてお話します。

私たちの体には手足など自分の意志で動かせる部分と胃腸の働きや心泊数など自分の意志で

コントロールできない部分とがあります。この自分の意志では動かせないが生命活動にとっても

関わっている神経を自律神経といいます。 自律神経は私たちの意志とは無関係に毎日休むことなく

働き続けています。そのおかげで睡眠中でも心臓は止まることなく動き続け胃腸は栄養を体に蓄えます。

 

まず自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があります。

交感神経というのは体を活発に活動させるときに働く神経です。なので作用としては心拍数を上げたり

血圧を上昇させる、汗をかく、呼吸数を上げる、そして体を活発に動かすためためにエネルギーを使うので

胃腸の働きを抑制するといった作用があります。たとえば夏は交感神経が働きやすいために汗をよくかき、

胃腸の働きを抑制するために食欲がなくなります。逆に冬は汗をかかず、胃腸の働きが亢進するために

食欲が増し正月太りのようなことがおこってきます。

副交感神経というのは簡単に言うと「交感神経の逆!!」と覚えてください。

交感神経は活発な時に働く神経でしたが、副交感神経はゆったりとリラックスしているときに働く神経です。

副交感神経が興奮することにより胃酸分泌による胃腸などの消化機能が亢進したり心拍数を抑えたりします。

これらの作用をもつ自律神経が日々のストレスやホルモンの働きが乱れることにより自律神経のバランスが

崩れて普通だと副交感神経が働く場面で活発な交感神経が働いてしまい様々な不快な症状がでてきます。

人によって症状も様々なので各部位で分けてご紹介します。

心臓:動悸、胸部圧迫感

肺:息苦しい、息が詰まる

胃腸:吐き気、下痢、便秘、胃の不快感

目:目の疲れ、目の渇き

血管:立ちくらみ、高血圧、冷え性

膀胱:頻尿、排尿困難、残尿感

生殖器:勃起障害、月経不順

全身:倦怠感、微熱、食欲不振、めまい

精神:イライラ、情緒不安定、集中力低下、不安、不眠

これらの症状に加えてストレスを常に感じていたり、生活習慣が乱れているという関係性があります。

たとえば仕事でストレスを感じている場合なら仕事をしているときや帰宅したときに症状が著名に

現れるが、休みの日に遊びに行ったりするときは症状が出ないなどです。

生活習慣に関していうと学生から社会人になり生活が一変したり、夜勤や徹夜が多くなって睡眠時間が

短くなるなどの生活リズムの変化でも自律神経が乱れて様々な症状が起こってきます。

 

また女性でいうとホルモンバランスの乱れが原因で自律

女性は男性とは違って一生を通じてホルモンバランスが乱れやすく体調を崩しやすいんです。

自律神経というのは視床下部といわれる脳の一部で調節しています。その視床下部がホルモンの影響

を受けることで自律神経を不安定にしてしまいます。

 

こういった症状でいる方は仕方がないとそのままにしておかないでください!!

自律神経の乱れの原因となるものをつきとめて鍼灸や姿勢矯正などあなたに合ったプランで困っている症状を改善していきます。

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>
<坂口鍼灸整骨院の交通事故・むち打ちのページ>
●北島坂口鍼灸整骨院・整体院
●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院
●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院
●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院
●末広坂口鍼灸整骨院・整体院
●国府坂口鍼灸整骨院・整体院
●法花坂口鍼灸整骨院・整体院
●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院