こんにちわ!!!

むち打ち交通事故治療専門末広坂口鍼灸整骨院です(*’▽’)

さて今回は産後に出やすい症状や産後矯正についてお話します!!

産後は普段あまり可動域の少ない骨盤が妊娠によって開き、ぐらぐらの状態になります。

骨盤のゆがみからホルモンバランスが乱れストレスや倦怠感を感じたり、日常生活での姿勢の悪さ、

家事・育児での肩や腰の酷使によって痛みがでたりします。

 

骨盤のゆがみを放っておくと身体のバランスが崩れ、痛みの出やすい体になるほかに骨盤が開くため体型が

戻らない、産前に履いていたズボンが履けなくなったなどプロポーションにも影響が出てしまうんです、、、

しかも骨盤は産後すぐはゆるゆるですが6か月後には固まってしまいます。

なので早い時期に矯正をすることをお勧めしています!!

まずは産後に出やすい症状について説明します。

〈腰痛〉

産後によくあらわれる症状の代表なのがこの腰痛です!

妊娠中は骨盤の中で赤ちゃんは育っていきます。大きくなるにつれ骨盤はどんどん開いてきます。

そして産後になって骨盤のゆがんでる状態で家事や育児をこなしているうちに腰に負荷をかけ

腰痛を発症します。

〈膝の痛み〉

産後で膝が痛くなるのが体重の増加と骨盤のゆがみが原因となります。

産後は骨盤の開きと前傾がきつくなります。前傾がきつくなると身体の重心の位置が変わってしまいます。

そのため産前より膝への負担が大きくなるに加えて体重も増加するので支えられなくなると痛みを引き起こします。

 

〈ポッコリお腹〉

お腹がぽっこりででしまっているのも骨盤のゆがみからきています。

骨盤が正常より前傾し前にいってしまうことで腹筋が伸びてしまい引き締まりにくい

状態になっているためにお腹が出てしまうんです。

お腹を気にして家で腹筋を行ってもなかなか筋肉がつかない、、、と悩んだことは

ありませんか?それは骨盤がゆがみ、腹筋が伸びてしまっているので思うように筋肉が動かせていない

可能性があります。

 

〈肩こり〉

産後から肩こりがひどくなってきたという方が非常に多いです!

なぜかというと産後から姿勢が悪くなっており、その姿勢で負担がかかる家事・育児をしていると

肩こりをひどくしてしまいます。

特に育児では授乳中や寝かしつける姿勢、おむつを替えるときなど負担がかかる姿勢が多くなってきます。

 

今ご紹介したのは症状の一部で他にも垂れ尻、猫背、O脚など様々な症状が現れます。

 

この症状を放っておくと原因である骨盤が固まってしまって治りにくくなります!!!

産後矯正のベストな時期は2か月から6か月の間です。

2か月より前だと出産して間もないので骨盤がゆるゆるすぎて休めたい時期になってきます。

逆に6か月を過ぎると骨盤が固まってくる時期に入るので放っておくにつれて矯正の効果が出にくいです。

なので2か月から6か月の間がベストな時期なんです。

 

当院では骨盤の開きを正常な位置に戻すことで痛みの出ない状態やプロポーションを取り戻す

ことを目的とした産後骨盤矯正と姿勢を支えているインナーマッスルをきたえて正しい姿勢を維持できる体づくりを

していきます。

骨盤矯正は無理に体をひねったりボキボキと骨を鳴らすようなものではありません!!

骨盤周りの筋肉や関節を調整したり、力を入れてもらって股関節の内側の筋肉を鍛えて骨盤が外に開かないように

したり負担のかからない矯正法なので安心してご来院ください!!

*本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充男が監修しています。

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

<坂口鍼灸整骨院の交通事故・むち打ちのページ>

 

●北島坂口鍼灸整骨院・整体院

●阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

●鴨島坂口鍼灸整骨院・整体院

●鳴門坂口鍼灸整骨院・整体院

●末広坂口鍼灸整骨院・整体院

●国府坂口鍼灸整骨院・整体院

●法花坂口鍼灸整骨院・整体院

●小松島坂口鍼灸整骨院・整体院