カテゴリ:産後骨盤矯正

皆さん、こんにちは!
国府坂口鍼灸整骨院の高木です!

今回は産後の骨盤矯正についてです。

前回の記事でも少し触れましたが今回はもっと深掘りしていきましょう!

先ず産後の骨盤矯正をしていくにあたり
必ず必要なのは知識と技術です。
この2点は外せません。
国府坂口鍼灸整骨院での産後矯正は医療の国家資格をもった先生が施術にあたりますので安心して治療を受けていただけます。

産後の骨盤矯正は非常に繊細な治療です。
特に出産後の状態とは骨盤がとても柔らかい状態になっており、負担や負荷をかけすぎると逆に歪みが出やすい状態です。

特に出産後はバキバキっと鳴らすような施術はしない方がいいです。
音が鳴る施術は関節を痛めてしまっている危険性があります。

そういった施術でも骨盤の位置は戻るかも知れませんが後から痛みを伴ってしまったり、筋肉に力が入りにくいなどが出れば元も子もありません。

産後矯正だけではありませんが施術はソフトに柔らかく時間をかけて行うことがベストと言えるでしょう。

国府坂口鍼灸整骨院の施術は身体に負担をかけないように柔らかい矯正をしておりますので安心して治療を受けることができます。

次に産後の骨盤の病態についてお伝えします。
産後の骨盤といってもタイプがありそのタイプにより矯正の仕方も違います。

まずやはり多いのは骨盤前傾タイプです。
この骨盤が前傾してしまう産後の状態は
おしりが大きく見えてしまったり、太もものハリ感が出てきてしまうなど。
ウェストでズボンを選ぶと入らない。
お腹ぽっこり出てしまうなどの症状が出てきます。
反り腰なども分類されるものですね。
このタイプの骨盤矯正先ず筋肉の筋緊張を取り除き正しい位置に戻していくことが重要でしょう。
また腰痛などが出るのもこれが原因ですね。

次にやはり多いのは骨盤が開いてしまうタイプです。
今、坂口鍼灸整骨院に通っていただいている産後矯正の方もこのタイプが多いですね。

この骨盤の開きはO脚になりやすいのと下半身太りがでてしまうのが病態です。

広がってしまった骨盤は期間のうちに締めておかないと後からは戻せません。
しっかりと矯正しましょう。

あとは骨盤が後傾してしまうタイプです。
この産後の骨盤は猫背を併発するケースが多いです。
あとは内臓下垂が起きて便秘やぽっこりお腹の原因にもなります。
または、ねこ背から肩こりにもなりやすいです。頭痛を併発することもしばしば。

よく産後の骨盤をベルトだけなどでほったらかしにしてしまっている方もいますが、
矯正は必ず受けた方がいいです。2人目を産む時の身体や赤ちゃんへの負担がやはり違うのが大きいのと、次に産後矯正ができるのは次の出産後だけだからです。
産後2ヶ月から一年以内に矯正を受けないと一生、骨盤が開いた状態で、固まってしまいます。
しっかりと時間を作っていただいて矯正を受けて下さい!

もし今、産後の骨盤矯正でお悩みの方、
産後に体重が減らないや体型が変わって来たなどのお悩みをお持ちの方は国府坂口鍼灸整骨院にご連絡下さい!

ご相談に乗らせていただきます。

また徳島県徳島市の国府坂口鍼灸整骨院では一般の治療も承っております。
肩こりや腰痛、坐骨神経痛やヘルニアなど人によって症状は様々あるかと思います。
捻挫や姿勢が悪いなども悩みとして多いでしょう。
O脚や骨盤のゆがみ、スポーツ外傷などもそうでしょう。
その様な様々な症状に対応させていただいておりますのが国府坂口鍼灸整骨院です。

もし今お近くで悩まれている方や実際にお困りの方は是非ご連絡下さい!

むち打ち交通事故治療専門
国府坂口鍼灸整骨院 院長 高木舟
国家資格 柔道整復師

坂口鍼灸整骨院ホームページ

●北島坂口鍼灸整骨院
●阿南坂口鍼灸整骨院
●鴨島坂口鍼灸整骨院
●鳴門坂口鍼灸整骨院
●坂口鍼灸整骨院 徳島院
●国府坂口鍼灸整骨院
●法花坂口鍼灸整骨院
●小松島坂口鍼灸整骨院
●垂水坂口鍼灸整骨院

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充男が監修しています。