カテゴリ:むち打ち

みなさんこんにちは!
国府坂口鍼灸整骨院です!

今回は交通事故の被害にあい、後から症状が出た場合の対処や流れについてお伝えさせていただきます!

交通事故の被害に遭った場合、その場では症状がなくても後から痛みが出る場合があります。
事故当日に痛みも何もなにもなければ、病院にも行かず、物損事故として処理をしてしまっているかもしれません。

ですが、もし、後から痛みを感じた場合はどうしたらいいのか、、

✓後からでも病院に行った方が良いの?それは何日以内なら大丈夫なの?
✓物損事故で処理していた場合、後からでも保険会社に治療費や慰謝料を請求できるの?

などわからないことばかりですよね。では、どうすればいいのかをお伝えしていきます。

①あとから痛みが出た場合、まずは病院へ行きましょう

事故後直前の自覚症状がなければ、怪我の治療で病院に行くこともなく、「物損事故」として処理されることになります。
まず、後から痛みが出た場合であっても、必ず病院を受診し、担当医師に診断書を作成してもらってください!

②物損事故から「人身事故」への切り替えを忘れずに行っ下さい!

病院を受診したとして、事故から数日経ってから通院することになった場合でも警察に人身事故への切り替え手続きをお願いする必要があります。
切り替え手続きを行わないと、自賠責保険から治療費や慰謝料などを受け取れないなどといったリスクが生じてしまいます。

③物損事故から人身事故に切り替える方法

まずは診断書を警察署へ持って行き、物損事故から人身事故への切り替え申請を行ってください。

ただ通常、2~3日以内には痛みが出てくるはずですが、それ以上経ってから痛みが出たり、病院に行くタイミングがなく警察への切り替え申請が遅くなってしまうと警察には人身事故への切り替えが認めてもらえない可能性があります。
しかし、警察には人身事故に切り替えてもらえなくても、保険会社には人身事故と認めてもらえることもあります!
その際には「人身事故証明書入手不能理由書」という「人身事故」と記載してある事故証明書を提出できないことを説明する書類を相手の保険会社へ提出するようになります。

交通事故の保険会社のやりとりなどで少しややこしいところもありますが、当院ではそういったやり取りのお手伝いもさせて頂いております。
もし事故にあってしまった場合、お知り合いの方が事故にあわれた場合は当院へご相談ください!

◇坂口整骨院の交通事故施術が選ばれる8つの特徴◇
①平日、夜20時まで施術受付
②土日祝、診療で通いやすい
③原則、患者様の窓口負担なし
④交通事故施術の専門家による安心で確実な施術
⑤ほかの医療機関からの転院受入が可能
⑥病院に受診しながらの通允も可能
⑦徹底的な個別対応施術で一緒に症状改善を目指す
⑧面倒で複雑な手続きや交渉を代行

当院のスタッフは交通事故の治療はもちろん、患者様に安心して通院いただけるよう
精神的なケアと最大限のフォローを惜しみません。

その他、交通事故以外でも腰痛、膝痛、肩こりの慢性的な症状、捻挫、寝違え、ぎっくり腰などの急性症状
冷えやむくみが気になるなど何かございましたら、当院へお越しください!
治療はもちろん、日常生活で気を付けることやストレッチなどもお伝えします。
私たちと一緒にお身体を良くしていきましょう!

「診療時間」
平日 9:15〜12:00,15:30〜20:00
(一般の方は19:30 最終受付)
土曜 8:15〜17:30(昼休憩なし)
日曜・祝日 8:15〜12:00

坂口鍼灸整骨院ホームページ

●北島坂口鍼灸整骨院
●阿南坂口鍼灸整骨院
●鴨島坂口鍼灸整骨院
●鳴門坂口鍼灸整骨院
●坂口鍼灸整骨院 徳島院
●国府坂口鍼灸整骨院
●法花坂口鍼灸整骨院
●小松島坂口鍼灸整骨院
●垂水坂口鍼灸整骨院

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充男が監修しています。