カテゴリ:自律神経疾患

こんにちわ!!
徳島市国府町にあるむち打ち交通事故治療専門国府坂口鍼灸整骨院です!!
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

台風がすぎてから蒸し暑い日が続いていますが水分補給はしっかり行えていますか?
目安は1日2リットル以上です!一気に飲むのではなく、喉が渇いたと思う前にこまめに水分補給を
行ってくださいね!

さて皆さん鍼灸についてどんなイメージがありますか?
「痛そう」「どんな症状に効果があるのか分からない」といった方もいらっしゃるかと
思いますので今回は鍼灸についてお話ししたいと思います。

鍼灸とは身体の特定した点を鍼や灸を用いて東洋医学的観点から刺激を加える治療法のことを言います。
日本でよく使用される鍼の先端は髪の毛程度の細さなので刺した時の痛みはほとんどありません。

鍼灸治療は血流促進、白血球増進、疼痛などの鎮静作用などにより自然治癒力を高めて回復を早めることを目的としています。

鍼灸といえば頭痛、肩こり、腰痛には効くというイメージを持たれる方は多くおられるのですが他にも鍼灸の適応症はあります。
世界保健機構(WHO)が鍼灸治療の適応症として挙げている疾患は次の41疾患あります。
頭痛、片頭痛、三叉神経痛、顔面神経麻痺、メニエール病、白内障、急性結膜炎、近視、中心性網膜炎、急性上顎洞炎、急性鼻炎
感冒、急性扁桃炎、歯痛、抜歯後疼痛、歯肉炎、急性咽頭炎、急性気管支炎、気管支喘息、食道・噴門痙攣、しゃっくり、急性・慢性胃炎
胃酸過多、胃下垂、麻痺性イレウス、急性・慢性十二指腸潰瘍、急性・慢性腸炎、便秘、下痢、急性細菌性下痢、打撲による麻痺
末梢神経系疾患、多発性筋炎、神経性膀胱障害、肋間神経痛、頚腕症候群、坐骨神経痛、腰痛、関節炎、夜尿症

このほかにも適応となるものや治療効果が挙げられているものは多数ありますのでこの症状は鍼灸で治るのか気になる方は是非当院までご相談ください!

〈鍼灸についてQ&A〉
1.お灸は熱いですか?
A.耐えられないほどの熱さではありません。心地よいと感じられる患者様がほとんどです。

2.鍼灸は薬のような副作用はありますか?
A.基本的には副作用というものはありません。ですが、初めて鍼灸を受けられる時にだるさが出る場合があります。
このだるさは数時間でなくなるものなのでご安心ください。

3.鍼で感染することはありますか?
A.当院の鍼治療はすべてディスポーザブル鍼(使い捨て鍼)を使用しています。一度使用するとその鍼を使用することがない
ので感染の心配はありません。

4.治療の効果はどれくらい持続しますか?
A.人によって個人差がありますので、スタッフにお尋ねください。人により通院のペースは変わってきます!

5.痛いイメージがありますが、どれくらいの痛みなのでしょうか?
A.痛みはほぼ感じません。まれに毛細血管などにあたったり、毛穴にピンポイントであたると
チクっと痛むこともありますが、ごくまれなケースです。
注射のようにズキっとしたようなイメージはなく、硬い筋肉にあたるとズーンと重だるい感じがします。
それに関しては全く問題がありませんので、ご安心ください。

6.一発でなおりますか??
A.痛みは一発でとれる人もいれば、2.3回治療をして取れる人もいます。
必ずしも筋肉の状態が一発で治るとは言い切れませんので、まずは状態を確認させてください!

<坂口鍼灸整骨院ホームページ> http://expand-k.com/

●北島坂口鍼灸整骨院

●阿南坂口鍼灸整骨院

●鴨島坂口鍼灸整骨院

●鳴門坂口鍼灸整骨院

●坂口鍼灸整骨院 徳島院

●国府坂口鍼灸整骨院

●法花坂口鍼灸整骨院

●小松島坂口鍼灸整骨院

●垂水坂口鍼灸整骨院
<坂口鍼灸整骨院ホームページ> http://expand-k.com/

「※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充男が監修しています」


カテゴリ:肩こり

こんにちは!

国府坂口鍼灸整骨院です!

 

最近は1月に入り徳島にも初雪が降りましたね!!

雪も積もりびっくりするくらい寒かったです。

これだけ寒いと日頃はあまり気にならない身体の痛みを感じる方もいると思います。

 

特に首、肩、腰が冷えると痛くなる方多いのではないでしょうか?

 

また年末年始は大掃除で身体を使うことが多かったり、忘年会や新年会で飲み過ぎたり食べ過ぎたりで体調を崩しやすい時期とも言えるので冬は女性だけでなく男性も体調に要注意です!

 

 

実は女性の腰や背中のコリを感じている方の80%が冷えの症状があるとのデータがあります。

痛みやコリは実は‶冷え″とも大きく関係があるのです!!

 

 

たとえば痛みが強い時にお風呂に入って温まると痛みが和らぐという方はいますか?

そういった方は冷えが原因になっている可能性が大です◎

 

気温が低くなってくると、みなさん肩がグッと上がったり、背中を丸めたりしますよね。そうやって身体の筋肉や血管は体の体温を保とうとしてギュッと収縮します。

そうすると肩や腰の筋肉が固くなって血流が悪くなってきます。血流が悪くなると身体の老廃物がたまって排出されにくくなり、痛みがでやすくなってくるのです。

 

こういった場合の対策としてはやはり`冷やさないこと´が重要になってきます。

 

いろいろな対策方法があるので、ご自身でできそうなもの、続けられそうなものを見つけていただければと思います!!

 

 

 

1 服装

首・肩・腰を冷えないよう守ってあげることが必要です。

腹巻なんかもおススメですね!

特に足元から冷えてくるので、足元を冷やさないようできるだけスカートではなくパンツを履いてもらったり、厚手のタイツや靴下を履いてもらうのがベストです!

当院では冷え性対策ができる医療用のソックスも取り扱っており、試着もできますので興味のある方は是非一度お越しください!

 

 

 

 

2 食事

健康な体はいい食事から!

ということで身体をあたためる食材をご紹介します。

 

 

・カボチャ

・ニンジン

・カブ

・ショウガ

・イワシ

・カツオ

・玄米

・納豆

 

おおまかに上げましたが、土の中で育つもの、発酵食品、旬の食材、寒い地域で育つもの

がいいそうです。

 

 

意外と身体を温めるのでは? などと勘違いしやすいものもあります。

 

 

【コーヒー・緑茶】暑い国で育つコーヒー(ブラジルなど)や製造工程で発酵していない緑茶や抹茶は、体を冷やす飲み物です。寒い時に飲むとさらに体を冷やしてしまうことが多いです。

 

 

【砂糖】実は地域や精製方法で体への作用が違ってきます。北海道で育つ甜菜糖は体を温めますが、沖縄など暑い地域で生育するサトウキビや精製された白砂糖は特に体を冷やします!サトウキビからできている黒砂糖は、未精製でビタミンやミネラルが残っているため、体を冷やす作用は緩やかになります。

 

 

 

オフィスでコーヒーをよく飲まれる方などは一日に何杯も飲むこともあるかもしれません。意外と身体を冷やす原因になっているかもしれません。

ちなみに身体を温めたいときは

紅茶、プーアル茶、ウーロン茶

タンポポ茶、ゴボウ茶

ココア、黒豆茶、

日本酒、紹興酒

ショウガ湯、ショウガ紅茶

がおすすめです。

 

 

 

 

3姿勢

デスクワークの方などは日頃から同じ姿勢が続くことが多いと思います。

同じ姿勢が続くことで筋肉が固くなるので、身体を適度に動かしてコリを作りにくくして聞く必要があります。

 

 

 

4入浴

入浴については当院でも患者さんに必ずお伝えしています。

忙しい方ほどシャワーで済ませてしまう方が多いと思います。

しかし湯船につかってもらうと凄く身体が温まります。

しかも凝り固まった筋肉を緩め血流もよくしてくれるので、できるだけお風呂に入った際は

ぜひつかってください!

 

もし痛みが強くて我慢できない場合はぜひご相談ください!

 

 

 

 

 

 

 

<坂口鍼灸整骨院ホームページ>

 

●北島坂口鍼灸整骨院

●阿南坂口鍼灸整骨院

●鴨島坂口鍼灸整骨院

●鳴門坂口鍼灸整骨院

●末広坂口鍼灸整骨院

●国府坂口鍼灸整骨院

●法花坂口鍼灸整骨院

●小松島坂口鍼灸整骨院

 
※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師坂口充男が監修しています